Loading

ブログ/Green Garden Leaf 通信

壁1枚でも庭はできる

お庭の話をする時、「うちは狭いから…」とおっしゃる方が必ずおられます。「いえいえ、そんな」とほほ笑んでなんとなく話を濁すのですが、ホントはここで力説したいのです。
“壁1枚で庭できますよ!”と。
そもそも庭の定義をどうするかですが、私のオリジナル定義では「外の空間で心が安らいだり、楽しかったり、キュン♪とできる場所」です。
この、キュン♪をもっと積極的につくりましょうよ、というのが常日頃思っていることなんです。
例えば、隣地との間のブロック塀を隠した大きなウッドフェンスに可愛いポストやお気に入りの表札を取付け、下からアップライトで間接照明をするとお店みたいにカッコいい空間になりますし、ツル性植物を絡ませたトレリスを建てることもできます。幅40㎝もあればかわいいガーデンシェッドを置くことも可能。その他色んなガーデン空間をつくるアイディアはたくさんあります。葉っぱが落ちるなどのことが大丈夫だったら、結構大きな高木を植えることも可能です。立派な街路樹が植わっている土の部分は幅70㎝程しかありませんが、そこでケヤキやクスノキなどの街路樹も生育しています。
庭というとある程度の広さを思い浮かべる方が多いと思いますが、決して“広くないと庭ができない”というわけではないのです。これから家を建てられるのであれば、玄関ポーチを少しゆったりにして一脚外部用の椅子を置き、その上に季節の花鉢を飾れば、グン!とガーデン的な場所になります。その椅子に青いペンキを塗ったりしてもかわいいかも♡

アンティークレンガ

家で過ごす、庭で過ごす

関連記事

  1. オープン外構って?

    2020.05.02
PAGE TOP